【成長過程】子供のイヤイヤ期、親のイライラ期

       f:id:sanzaru3:20191224233924j:plain

 

こんにちはさとるです。

とうとう来ましたね。

何を言っても『ヤダ!』のイヤイヤ期。

どの子もとおる正常な成長過程です。

 

イヤイヤ期っていつから始まるの?

第一次反抗期、通称『イヤイヤ期』はいつ頃から始まるんでしょうか。

もちろん子供によって時期はそれぞれですが、2才半頃から出てくることが多いようです。

早い子だと1才半ごろから、長い子だと3才ごろまで続くようです。

 

イヤイヤ期は子供には必要な時間

この時期は子供にとってなんでも挑戦しよう自分の力でやってみたいという意欲が湧いてくるタイミングです。

まだ、言葉をうまく話すことができない時期でもあるため『イヤ!』と言ってなんとか周りに気持ちを伝えようとしているそうです。

 

まあ親としても子供の意図が伝わらずイライラしてしまう時期でもありますよね。

 

我が家は3回目のイヤイヤ期

長男の時がそうだったのですが、子供の方もなかなか思いが伝わらずイライラ、親の方も何を言おうとしているのか分からずイライラと負のスパイラルのような状況でした。

長男は今年3才になってやっと意図する会話ができるようになって来たため前ほどイライラすることはなくなりました。

思えば長女の時はあまりイヤイヤ期らしいイヤイヤ期がなかったようにも感じますので、いつ発症するかもそうですが、子供の性格によってもその度合いは違うのでしょう。

 

親としては、絶賛イヤイヤ期に突入した末っ子も長女同様あまり気にならない程度ですんで欲しい物です。

 

とはいえ、成長には必要な期間ですからね。

時がくればいずれ終わる物なので、あまりムキにならず、おおらかな気持ちで構えていようと思います(多分イライラすると思うけどw) 

【耳リッチな生活】Amazonオーディブルで家事の時間を自分だけの特別な時間へ。

f:id:sanzaru3:20191222003236p:plain

 


こんにちはさとるです。

突然ですが、皆さん読書はしていますか?

 

『昔は大好きだったけど、子供が生まれてからめっきり。』

『家事に育児に追われて本を読んでいる暇なんてないよ。』

『読書かー。字を読んでいると眠くなってくるんだよね。』

 

いろんな声が聞こえてきそうですね。

 

今日はそんな普段忙しくて本を読む暇もないと言う主婦・主夫の方にむけて”耳”よりな情報をお届けしようと思います。

 

普段、家事や育児に追われ大好きな本を読むのもままならない。

 

お皿洗いをしている時、部屋の掃除をしている時、夕飯の買い出しに行っている時、そんな時間を使って読書ができたら良いとは思いませんか?

 

『いやいやそんなことしている時に読書なんてできるわけないでしょ!』

 

と思われた皆さんに朗報です!

 

家事をしている時、人間の五感の内で唯一空いているところがあるはずです。

 

それは...

”耳”です。

 

本を耳で読む。

そんなことができたら、忙しい時間を使って読書を習慣化できたら良いとは思いませんか?

 

実はそれを実現する方法があるんです。

 

Amazonオーディブルとは

  • 40万冊以上の小説などが聴ける
  • 初月無料、その後は月1,500円
  • 最初の一冊は全て無料で聴ける
  • 家事や育児をしながら本が読める
  • 毎月1冊はどんな価格の本も無料

 

僕は電気を落とした暗闇の中、子供を寝かしつけながら本を読んでいます。

こんな芸当ができるのも耳で読む本Amazonオーディブルならではです。

 

最初の1ヶ月は 本も1冊無料、月額費用も無料なのでどんな物か試してみてみる価値はありますね!

 

Amazonオーディブルを30日間無料体験してみる

 

 

 

 

 

 主婦・主夫にAmazonオーディブルをおススメする3つの理由

  • 『どんな時でも知識を得たい』そんな欲求を満たしてくれる。
  • 空いている”耳”を有効活用できる。
  • 家事に育児に忙しいあなたでも読書を習慣化できる。

 

『どんな時でも知識を得たい』そんな欲求を満たしてくれる。

・子育てに関する知識を得たい。

・自分を高めるため知識を得たい。

・たまには小説を読んで感傷に浸りたい。

・自分の知り得ないような世界を知りたい。

 

本は自分が体験したことがないこと、知らなかった知識などを手軽に得ることができる最高のツールだと思います。

 

しかし、本を読むと言う行為は、それ自体ハードルが少なからずある物です。

例えば、時間や場所を選んでしまうというのは紙の本のデメリットかもしれません。

紙の本は持ち歩くのが大変、本を読んでいる間は人間の五感のなかで1番重要な感覚である視覚を本に奪われてしまうため、他のことができない。

最高のツールである本、そんな本のデメリットを解消してくれるのがAmazonオーディブルなんです。

空いている”耳”を有効活用できる。

お子さんと一緒にいる時は別ですが、1人でお皿洗いをしているとき、洗濯物を干している時、夕飯の買い出しに出かけている時。そんな時あなたの耳は何をしているでしょう?おそらく、暇を持て余しているのではないでしょうか。

オーディブルを使うと、そんな普通であれば本を読むと言う行為が不可能な時でさえ、唯一空いているあなたの耳を使って読書をすることができます。

Amazonオーディブルを30日間無料体験してみる

 

家事に育児に忙しいあなたでも読書を習慣化できる。

 今日はなんとか時間ができたから読書をしよう。

この感覚がオーディブルを使うことによってなくなります。

家事や子育てに追われ、たまに取ることも難しい読書の時間、これが日々習慣的に行っている家事をこなしながらその同じ時間を利用して読書を習慣的にすることができるようになります。 

ポイントは、家事の合間をぬって新たに時間を作る訳ではない。と言うことです。ただでさえ忙しい毎日。そこに新たに時間を確保しようとすると他の何かをやめなくてはいけないかもしれません。

しかし、このAmazonオーディブルを使用することで家事などの日々の習慣と合わせて読書の習慣を確保することができるのです。

どうでしょう。読書の習慣化がグッと現実味を帯びてきませんか?

f:id:sanzaru3:20191222005326j:plain



でも月々お金がかかるんでしょ?

毎月お金を払うのってなんか心配だなと考えているかもしれません。

 

安心してください。

Amazonオーディブルは通常月額1,500円かかる費用が30日間は無料で体験することができるんです。

さらに、40万冊以上の本の中から1冊お好きな本を無料で読むことが出来ます。

 

30日間無料で体験してみて、自分には合わないなと思えば、気軽にやめることができます。

 

f:id:sanzaru3:20191222005215j:plain

 

30日間の無料体験期間がすぎた後は、毎月1,500円の月額制となりますが、月に1冊はどんな価格の本でも無料で読むことが出来ますので、毎月1冊本を購入していると考えるとお得に利用することが出来ます。

        まずは30日間無料体験で試してみる

 

 

まとめ

『読書の習慣を持とう』

よく聞く言葉ですよね。

わかってはいるけど、他にもやらなきゃいけないことがたくさんでそんな時間取れないよ。

そんな悩みを解決してくれるAmazonオーディブル

 あなたも上質な自分だけの時間。耳リッチな時間を体感し、日々の生活をワンランク向上させてみませんか?

 自分の時間を持つことによって日々の生活にも余裕が生まれ、きっと家族と過ごす時間もより良質な時間になるはずです。

子供はカテゴライズが大まか。

         f:id:sanzaru3:20191128162129j:image

 

こんにちは、さとるです。

 

長女もあっと言う間に5歳となりました。

 

今日は1歳当時こんなことあったなーと思い出

して描いてみたマンガです。

 

こどもって見たままを口に出してしまうので面

白いですよね。

 

失礼は十分承知の上ですが、思い出すたびに笑ってしまいます。

 

きっとまだカテゴライズが大まかな時期だったのかなともおもいます。

 

今末っ子がちょうど1歳なのですが、やはり乗

り物はみんな救急車ですし、動物はみんなワン

ワンです。

 

当時の長女もゴリラをウホウホと覚えたてだっ

たのもあり、四足歩行に見えるものはなんでも

ウホウホだったに違いありません。

 

無邪気で真剣だからこそ子供といると笑えます。

傷心の父

          f:id:sanzaru3:20191126075539j:image

 

いくら子供の言動とはいえ キライといわれると結構傷つく30歳さとるです。

 

そんな時にはクリスマスプレゼント買ってやんないと引き合いに出してしまうのも大人気ないところですね。

 

早いものでこの4コマまんがブログも開設から1ヶ月が経ちました。

 

妻に勧められてなんとなく描き始めた4コマまんがでブログをはじめ、毎日投稿とはいかないまでもなんとか継続できています。

 

描いていると意外とはハマっている自分に気づいたので、これからもゆる〜い感じのマンガをゆる〜く描き続けていけたらとおもいます!

 

 

 

 

 

朝に弱い子供をおこす方法

 

 

  

      f:id:sanzaru3:20191124171252j:plain

 

 

こんにちは、さとるです。

 

だんだん寒くなってきましたね。

 

 

寒くなってくると朝、布団から出るのがつらくなります。

 

それは子供も同じ様です。

 

何度いっても布団から出てこないので、そんな時は最終奥義

 

カウントダウンを発動します。

 

5秒前からスタートしてカウントダウンを始めると何かにかられた様に

 

飛び起きてきます。

 

0秒になっても特に何かあるわけではないんですけどね。

大抵3秒くらいのところで、こちらの任務は完了しますよ!

 

この最終奥義は朝おこす時だけでなく片付けをしない時やお風呂

 

になかなか入らない時も使えます。

 

 

是非試してみてください。

 

少なくともうちの子には効きました。

 

 

 

 

人の性(さが)

          f:id:sanzaru3:20191119202918j:image

 

こんにちは、さとるです。

 

我が家には3人の子供がいます。

 

それぞれが1歳のときのことをふと思い出していたのですが、男の子女の子で分かれる部分があったなと思いました。

 

長女が1歳のとき、もちろん初めての子供だったので、ウチには女の子のおもちゃがあふれていました。

 

長男が生まれました。長男が1歳になる頃には男の子のおもちゃも増えて行きました。

 

ただ、確実に興味は車や電車など明らかに長女とは違う方向に向いていました。

 

あるとき、長女が持っていたおもちゃのベビーカーで長男が遊んでいたのですが、その遊び方が一味ちがう。

 

人形を乗せて歩くわけではなく、ベビーカーをひっくり返しひたすら車輪をいじくりたおしていたのです。

 

行動にも違いがあり。 

 

長女は当時どちらかというとおとなしい方だったのですが、長男が生まれてびっくり。

 

おもちゃをぶん投げたり、ダイニングテーブルの上にのぼったり、お母ちゃんの姿が見えなくなる度に泣いていました。

 

男の子と女の子でこうも違うのかと思うと同時に、人間は生まれながらに男と女。

それぞれ持っているものが違うんだなぁとおもいました。

 

 

末っ子次男が生まれました。

 

今、ちょうど1歳になります。

 

やはり、興味の向くのは車やでんしゃです。

 

誰に教わるわけでもなく、人形やおままごとのおもちゃも数多くある中から、車のおもちゃをチョイスし遊びます。

 

ベビーカーもひっくり返してタイヤをいじくり回していますし、オモチャもぶん投げます。

長男同様テーブルにものぼります。

 

これは性格の問題ではなく、人間には生まれながらに性(さが)が備わっているんだなと改めて考えさせられた出来事でした。

 

 

【子供の集中力】ハマり方がハンパない。そして飽き方もハンパない。

         f:id:sanzaru3:20191117161835j:image

 

こんにちは、さとるです。

 

今日は子供はときとしてハンパない集中力を発揮するというお話です。

 

この図鑑の話だけではないのですが、子供が驚異的な集中力を発揮する時ってありますよね。

 

自分の興味がある分野に集中しすぎて周りが見えなくなっているとき、そんな時は何を言っても無駄ですね。

 

先日も上の子2人が、海外のホラー映画にどハマりしておりました。しかも字幕。

 

おかげでAmazonプライムで毎日その映画が流れていました。

 

トトロも何百回みたかわかりません。

 

ただそんな爆発的なハマり方をしていたかと思えば、ある時を境に急に見向きもしなくなります。

 

でもこれってスゴイことだなと改めて思いました。

 

集中してはどハマりしては飽きる、そしてどんどん新しいことに挑戦していく。

 

子供の成長が早いのはきっとこんなところにも理由があるんじゃないでしょうか。

 

そんなどハマりできるようなことここ最近ないなぁと思う今日この頃。